スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:28/923 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

仏教の極楽浄土について・・・

 投稿者:Angel77  投稿日:2022年 1月17日(月)17時16分19秒
  通報 編集済
 
幸福の楽園の随想(後編)でも述べているように、仏教における極楽浄土の信仰や
思想についてのべてみたい。

以下は幸福の楽園の随想(後編)の一部の引用であるが・・・

天台宗は「法華経」がその教えの中心になっていることは周知の事実

ですが、天台宗の「浄土信仰」は案外知られていません。それは、天

台の教祖が「摩可止観」の「四種三昧」のうちの「常行三昧」に始ま

りますが、教祖によれば、口に常に「阿弥陀仏」の名を唱え、心に常

に「阿弥陀仏」を念じ、90日間いつもただ、「阿弥陀仏」を念じな

さいと説いています。それによって、悪行や悪い想念を「阿弥陀仏」

の念力で払拭してくれる と説いています。それゆえ、絶え間なく

念仏を唱えよというのです。この天台浄土宗が法然の浄土宗にそして

弟子の親鸞によって 浄土真宗へと受け継がれていったのです。

以上のように、親鸞によって、ただ「南無阿弥陀仏」と唱え一心に

阿弥陀仏におすがりし

この念仏を通じて極楽浄土にいけると信じ確信すれば、信者の生前の

行いや善行の有無に

関係なく阿弥陀仏の助けによりすべての信者は極楽浄土に行けることを説いたのです。

この阿弥陀信仰は、キリスト教がシルクロードを通じて中国に伝わっ

た時に、そのキリスト教の一派のネストリュース派が西方浄土(キリ

ストの生誕地ユダヤ)の神を信じただ

熱心に救いを求めれば天国(極楽浄土)にいける・・・と説いたとも言われています。

いずれにしても、

「南無阿弥陀仏」(助けてください、阿弥陀仏様!)と熱心に唱えることに

よりその強い信仰によって極楽浄土(天国)にいけることが約束されるのです。


このように考えると、極楽浄土(天国)を信じ、ただ救われたいために、熱心に

助けてください! 阿弥陀仏様 ! = 南無阿弥陀仏 と叫んで信じてこの世を去った

浄土宗や浄土真宗の信徒も、それを信じる強い意志と信仰によって天国に到達したかも

しれないと思います。

いずれにしても、この世は金と性欲と地位と権力以外の何物もないと、信じて疑わなかった

人は、その人の信じた通り、臨終のおり、金の力ではどうすることもできなくまった時、

また、自分の体が朽ちて性的な快楽も食欲も満たせなくなったとき、それらのみにすがり

目に見えるもの以外を信じなかった反動として、底知れぬ虚無感と脱力感、そして

どうしょうもない恐怖感におそわれ、自分のすがっていたものが、臨終のときにはかえって

重圧となり死の恐怖とその身体的・精神的苦痛の中で自らの命を絶たれていくのではないかと

ふと思うのです。
 
》記事一覧表示

新着順:28/923 《前のページ | 次のページ》
/923